一球ソフトボールを行なってみて

ソフトボール部女子部1年 SA

私は今回、一球ソフトボールを行なってみて、何点か気になった点があります。

まず1点目はチームの力の差によって、大きく結果が変わってしまうということです。今回のチームでは、バッティング力に差がありました。そのため、一方のチームの攻撃が長くなってしまい、試合展開が想像していたより遅かったと感じました。今回の試合では、外野フェンスが設置されていなかったため、外野の頭や間を抜けてしまうと、どこまでも追ってしまい、時間を余分にかけていた部分も、試合展開が遅くなってしまった原因としてあると思います。

また、一球で四球になってしまうことに関しては、普通の試合より、ピッチャーへの精神的な負担が大きいと思いました。無条件で満塁から始まっているため、得点しやすい状況ですが、打たれたことによる失点と四球の押し出しによる失点では、後者の方がピッチャーにかかる負担は大きいと思います。これは、普段の試合からも同様に言えることです。このことを受けて、1イニングでの四球の回数を制限することを提案します。具体的な回数は決めていませんが、上限を決めておくことで、四球による大量失点は防ぐことができます。上限を超えた場合、投手交代することも良い案だと思いますが、墓にピッチャーが出来る人がいなかった場合の対処法としては、打者は“打ちなおし”ということで、一度打席を退き、再び入るということは考えました。しかし、そうなってしまった場合、一球ソフトボールの概念が変わってしまうと思い、最善の方法ではないと思います。その点は、更なる改善点を考えなければいけないと思いました。

他には、普段の試合と比べると、安打数が多かったと感じました。必ず初球を打たなければならない状況にあることもあり、初球で打つとヒットの確率が高くなります。多少のボール球であってもバッターは打ちにいきます。しかし、人によっては、ツーストライクに追い込まれていると思ってしまう人も中にはいたと思います。プレッシャーを感じてしまい、思うように打てない人もいたと思います。私は、個人的に普段の試合でも初球をうちにいくことが多く、その上で初球をヒットにする確率は高いです。

一球ソフトボールと普通のソフトボールを比較すると、まず一番の性質として、試合時間が短くなるということがあります。これは、試合を見ている観客が退屈しないための工夫です。しかし、チーム力に偏りがあった場合、一方のチームのみが長く攻撃をしてしまうことがあります。そうなってしまうと、もう一方を応援している観客にとって、飽きてしまう原因にもなり得ると思いました。この原因を対処するために、攻撃の時間を制限することを提案します。例えば、10分を超えた場合は攻撃を打ち切りにして、自動的に攻守交代をします。そうすることで、一方のチームの大量失点を防ぎ、互角な試合展開を観客は楽しめると思います。

私たちより、さらにレベルの高いチーム同士が試合をしたら、四球の数も安打数もさらに少なくなり、無死満塁の状況で一点も取れない場面が生まれるのではないかと思います。そうすると、試合のテンポも早くなって、観客が飽きる前に試合が終わる可能性もあります。私たちがお試しでやったことかもしれませんが、更なる時間短縮のためにルールを改善していけば、野球・ソフトボールに関心がない人にも飽きずに興味を抱いてくれるのではないかと思いました。今回、このような経験を通して、今後のソフトボールにも生かされるものだと感じました。ソフトボールを今後も発展させる役目を持った一人として、今後も頑張っていきたいです。