一球ソフトボール

ソフトボール部女子部2年 YI

一球ソフトボールをやってみて、まず素直に楽しかったです。野球・ソフトボール独特の間をなくしたことで、自分自身どう感じるのか最初は想像がつかなかったです。実際にプレーしてみると、ソフトボールとほぼ変わらないはずが、別種のスポーツをしているようでした。展開が非常に早く、行うこともシンプルであるため、わかりやすかったです。休んでいる人がいなかったことから、必ず誰にでも役割があったことがわかります。これは、他のスポーツにはあって、野球・ソフトボールにはなかった常に動いているを実現できているということでしょう。そして、もう一つ課題であった投手戦になってしまうことに関しても、一球ソフトボールでは両チームとも10点以上得点をとっています。一球しかチャンスがないことからバッターにとって打ちたいボールを選ぶという選択肢がなくなったため、積極性が上がり、両チームの打力アップに繋がったと考えます。ピッチャーに関しては、不利になりすぎないルールを決めるべきだと考えます。また、休みがないことから、ランナーでたくさん走った後にピッチャーでかなりの球数を投げなければいけなくなった場合、体力的に厳しい場面が出てきてしまいます。外野に関してもそうです。ランナーで走った後に、外野に多くのボールが飛んできたら、体力的に持たなくなってしまいます。特に、真夏にプレーすると熱中症の危険も出てくるため、バスケットボールのハーフタイムのように、例えば3回と6回の交代時に数分間の休憩時間を入れるなどして、選手の体力面での考慮も必要だと感じました。また、選手の途中交代制も従来のソフトボールのルールとは変えて、野手は交代回数を自由にすれば、いろんな選手が出場することができて面白いゲームになるのではないかと考えます。一方で、ピッチャーの交代制は従来のソフトボールと同じでいいと考えます。打撃戦をメインにしたスポーツであるため、自由にピッチャーが変わることを許可すると、投手戦になってしまう可能性があるため、野手のみの交代自由を適用してはどうかと思います。ルールに関して感じたことは以上です。プレーヤーとしては、ルールに関して改善点も見えましたが、一球ソフトボール、一球ベースボールはアグレッシブなスポーツであると感じます。今度は、逆に一球ソフトボール、一球ベースボールを見てみたいです。観客の視点からみた時にどう感じるのか知りたいです。選手みんなが動いていて面白いと感じるのか、もっと工夫したほうが良いと思うところが出てくるのか、プレーヤーとしてだけでは見えなかった発見があると思います。