一球ソフトボールをやってみて

ソフトボール部女子部2年 KM

私が一球ソフトボールをやってみて感じたことは、全体的にソフトボールとのスピード感の違いです。ファールになる以外、一球で投手と打者の勝負が決まるため、試合の展開がすごく早く感じました。一球一球、野手やランナーなどダイヤモンドの中にいる全員が動くので、状況判断が難しい場面もありましたが、とにかく常に動いている感覚でした。

攻撃側の時には、ノーアウト満塁のチャンスから始まるため、打って点がとれると嬉しかったです。また、全員に活躍できる機会が平等にあるので、1人だけが目立つのではなく、チーム全員で点をとるという意識を持つことができました。実際にチャンスが多い分、盛り上がることもでき、全員が繋いで点をとることで、チームプレーの楽しさも感じました。一球勝負であるため、個人的には1打席1打席にすごく集中でき、一振りで仕留めたいという気持ちを強くもてました。ソフトボールでは、打てる球を選ぶのについ消極的になってしまう場面もありますが、一球ソフトボールはボール球を見逃し、ストライクは必ず打たなければならないという状況にあるため一球に対する集中力を高めることができました。このような初球から打ちにいこうとする姿勢はソフトボールにも活かせると思いました。

守備側の時には、とにかく相手の打撃を抑えるのに必死でしたが、なかなか収まらずエラーが続くと勢いは止まらなくなり、攻撃側のチームにおされてしまう感じがありました。ただ、ソフトボールはバッテリーを中心に守りますが、一球ソフトボールではバッテリーだけでなく、全員で守ろうという意識を持つことができました。だからこそ、投手が打たれても野手がミスしても全員で補っていけるようなチーム力が大事になると思いました。

間延びしてしまった点として、ファールボールが続いた時、守備者がだらけてしまう感じがありました。また、そこからピッチャーが連続してストライクを入らなくなり、フォアボールを連発してしまう場面もあったので、ファールボールやフォアボールの数に制限をつけて一球ソフトボールの魅力である間を無くすために規制を設けても良いのではないかと考えました。反省として、自分たち自身も間の時間を無くすために、攻守交替の時間を短くしてすぐにプレーを開始できるように心がけるべきでした。

一球ソフトボールでは、それぞれのプレーごとに全員が動くので、ソフトボールより体力的にはきつい面もありますが、このスピード感の中で打つだけでなく、様々な戦略を考えるなど競技者も工夫すれば、観ている人をさらに楽しませることができると思いました。

ソフトボールの良さも残しながら、一球ソフトボールにしかない魅力を追求していくことで、誰もが楽しめて、真剣に取り組める競技になると思いました。