ソフトボール部女子部3年 WK

初めて「一球ソフトボール」を行なってみて率直に、普段のソフトボールよりもすごく疲れました。これは、打席数が多いこと、打てなくてもランナーをする機会が与えられていること、一球で試合が動くために、試合展開が早かったことが、理由として考えられると思いました。一方で、より多くの人が楽しむことができたのではないかと、個人的には思っています。野球やソフトボールでは、ポジションによってはボールが一球も飛んでこないことがあります。また、ヒットが打てず、塁上に立てない日もあります。ボールが飛んでこなくても守備位置を工夫するなど、目には見えないかもしれませんが、試合に携わってるのは事実です。しかし、野球やソフトボールにあまり詳しくない人には、そのような目に見えない動きは伝わりにくいですし、その面白さを理解するのも難しいと考えられます。「一球ソフトボール」では、目に見える動きが多く、全ての人にグラウンドで動き回る機会が保障されているため、初心者から運動が苦手な人までもが楽しむことができる競技になると思いました。今回の試合を通して、まだまだルールに工夫の余地があるのではないかと思ったため、私なりに2つのルールについて考えてみたいと思います。

 

まず一つ目は、ファールの回数に制限を設けることです。試合時間を短くし、よりスムーズな試合展開を目指す観点から考えました。打者がファールばかり打ってしまうと、なかなか試合が前に進みません。実際に私も、毎回の打席でファールを多く打ってしまい、試合の進行を妨げてしまっているような気がしました。そのため3回ファールを打った場合、打者はアウトになることも一つの案としてありなのではないかと思います。野球やソフトボールではスリーストライクでアウトになることを踏まえ、ファールは3回までがよいのではないかと思いました。一球で打ち取るのが難しいようなレベルが高いバッターには、あえてファールを3回打たせて打ちとる配球なども考えることができます。適度なテンポを保ちながら、野球やソフトボールの醍醐味でもある配球という文化も残したいと思い、この案を考えました。

もう一つは、ピッチャーがボールを投げることで、ランナーが無条件に一塁に進む回数に制限を設けることです。ボール球を合計で7回投げた場合、ピッチャーは交代しなければならいというのを一つの案として考えました。ボールばかりでは、試合に動きがないですし、見てる側も飽きてしまいます。打者が打つことで試合が動くほうが、試合そのものが盛り上がりますし、見てる側を興奮させることもできると思います。1イニングにつき一回はボール球を投げてしまうこともあると思い、7イニング想定で、1試合につき合計7球までと考えました。

 

以上2つの案は、実際にやってみた私個人の感想で、人それぞれ感じ方はそれぞれだと思います。だからこそ、いろんな人のアイディアを集結させて、よりよい案を生み出すことができれば、「一球ソフトボール」がよりよい競技になっていくと思います。将来ソフトボールや野球ではなく、この「一球ソフトボール」が世界中に広まり、オリンピックの正式種目になる日が来た時、私たちは初めて一球ソフトボールを行ったプレイヤーとなります。そんな歴史的瞬間に立ち会っていたかと思うと、期待と喜びで胸が躍ります。時代の変化に伴い、様々な競技が変遷を遂げてきました。過去の方式の競技よりも新たなスタイルの競技の方が、世界中に浸透しているものもあります。ソフトボールや野球が後世に生き残るためにも、変革が迫られていると思います。アジア人や欧米人など、人種に関係なく楽しんでもらうためには、見てて飽きない、誰もが熱くなれる競技である必要があります。そのためには、間延びしない、テンポの良さも重要になると感じました。この「一球ソフトボール」が世界的な生涯スポーツとなるように、これから何度も試合を行うことでルールが改善され、競技としての質が高まっていくのが楽しみです。